BLOGS

PR SITE

クラウドソーシングhttp://www.craudia.com/
ポイントサイトhttp://point.i2i.jp/

三菱電機製製の特徴

太陽光発電比較

ここでは変換効率が高く少ない枚数設置に適する三菱電機製の特徴とモジュールの代表製品の紹介をします。

三菱の太陽光発電システムは、パワーコンディショナーの変換効率が業界トップの97.5%となっており、同社のシステムの最大セールスポイントになっています。「電力変換効率」とは、太陽電池で発電された電力を家庭用の電力にいかにロスなく変換できるかを決める割合で、この数値が高ければ高いほどロスが少なく電力を利用する事が可能になります。
三菱の電池モジュールは多結晶型シリコンで変換効率は標準レベルと言えますが、パワコンの変換効率が他社とくらべても3ポイントほど高いことから、多結晶型シリコンの太陽光発電システムの中でも高い発電量が期待できるメーカーです。

●モジュールの代表製品
(標準モジュール)
屋根置き(切妻/寄棟)陸屋根用
・PV-MX190HA
・PV-MX185HA

(正方形(ハーフ)モジュール)
屋根置き(切妻/寄棟)用
・PV-MX095HHA
・PV-MX0925HHA

(台形モジュール(左用/右用))
屋根置き(寄棟)用
・PV-MX095HLA/HRA
・PV-MX0925HLA/HRA


CONTENTS

シャープ製の特徴 シャープ製の特徴

導入コストが一番安いといわれるシャープの特徴とモジュールの代表製品の紹介をします。 詳細はこちら≫


京セラ製の特徴 京セラ製の特徴

さまざまな形状の屋根にも対応できる特徴を持つ京セラの特徴とモジュールの代表製品の紹介します。  詳細はこちら≫


三菱電機製の特徴 三菱電機製の特徴

変換効率が高く少ない枚数設置に適する三菱電機製の特徴とモジュールの代表製品の紹介をします。 詳細はこちら≫


サンヨー製の特徴 サンヨー製の特徴

高価ですが、変換効率が高く発電量を多くしたい方向けのサンヨーの特徴とモジュールの代表製品の紹介をします。 詳細はこちら≫